2014年12月06日

60歳代では著しく減少

ヒアルロン酸は赤ん坊の時に一番多く、30代以降は一気に減り幅が大きくなり、40歳代になると乳児の頃と比較してみると、5割以下に減少してしまい、60歳代では著しく減少してしまいます。
コラーゲンの働きで、肌に瑞々しいハリが再び戻り、加齢によりシワやタルミを健全な状態に整えることが実際にできますし、それ以外にも乾燥によりカサついた肌への対策にだってなり得るのです。
効果的と言われる高機能成分セラミドは、肌の新陳代謝とともに生まれる“細胞間脂質”のことで、3%ほどの水を抱え込んで、角質細胞をセメントのような役割をしてつなぎとめる大切な役目を有しています。


posted by amane at 00:00| Comment(0) | 美容日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。