2014年09月06日

プラセンタの種類

保湿の重要ポイントと考えられるのは角質層全体の潤いです。保湿作用のある成分が多く入っている化粧水で角質層を奥深くまでうるおし、補充した水分量が蒸散しないように、乳液とかクリームなどを活用して肌にふたをして水分を閉じ込めましょう。
保水作用を持つヒアルロン酸が真皮部分で水を豊富に保持してくれるため、外側の環境が色々な変化や緊張感により乾燥することがあったとしても、肌は大きなダメージを受けずにツルツルしたコンディションのままで過ごせるのです。
プラセンタの種類には使用される動物の違いとそれ以外に、日本産と外国産の違いがあります。徹底的な衛生管理が行われる中でプラセンタが丁寧に作られていますから安心感を第一に考えるなら当然国産で産地のしっかりしたものです。


posted by amane at 00:00| Comment(0) | 美容日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。